メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「皇位継承」議論百出 関連シンポ 現在の儀礼は明治から/史実と神話峻別を

 大嘗祭(だいじょうさい)など天皇陛下の即位に伴う行事が続いた今月、京都市内で天皇制をテーマにしたシンポジウムが相次いだ。9日に京都府立京都学・歴彩館(左京区)で「皇位継承」をテーマとした国際日本文化研究センター(日文研)の特別公開シンポジウム、10日には京都大人文科学研究所(左京区)で研究集会「現場から考える天皇制」が開かれ、研究者らが制度としての天皇制を考察した。

 共通して話題となったのは、皇位継承儀礼をどう考えるかだ。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです