メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輸出規制強化巡り日韓食い違い 背景に韓国「二枚舌」対応?

記者会見する経済産業省の飯田陽一貿易管理部長(右端)=経産省で2019年11月22日午後6時28分、長谷川直亮撮影

 日韓両国が日本の対韓輸出規制強化措置を巡って政策対話を行うことになったが、その位置づけを巡って日韓で大きな食い違いが表明化している。日韓両政府が同時発表したが、韓国側は日本の発表内容について「歪曲(わいきょく)されているとして抗議し、日本が謝罪した」と公表。これを日本側が否定する事態となった。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)の失効回避で安堵(あんど)した日本政府は冷や水を浴びせられた形だが、「韓国側の発信について一つ一つコメントすることは生産的ではない」(菅義偉官房長官)と反応は抑え気味だ。背景には、繰り返される韓国の「二枚舌」対応があるようだ。

 「(発表した)骨子は、韓国政府と事前にすり合わせたものです」。経済産業省は24日夜、公式ツイッターにこう投稿し、韓国側の発表を否定。菅氏も25日の記者会見で「政府として謝罪した事実はない」と述べたが、それ以上のコメントは控え、非難の応酬にはなっていない。

 韓国がGSOMIAの破棄通告について効力停止を発表した22日。韓国は世界貿易機関(WTO)の提訴手続きの停止も表明し、経済産業省の飯田陽一貿易管理部長は記者会見で、日韓当局間の局長級政策対話に向け、課長級の準備会合を開く方針を示した。GSOMIAとの関係は否定しつつ、対韓輸出規制強化措置について「厳格な審査を行っており、今後も個別審査を通じて許可を行う方針に変更はない」と強調。韓国側が輸出管理の問題点について「改善する前向きな意欲を示していると受け取っている」とも語った。

 GSOMIAに加え、輸出管理の問題でも韓国が譲歩したともとれる内容に、韓国側は猛反発した。24日に「深い遺憾」を表明。外交ルートで行った抗議に「日本側が理解を示し、謝罪した」とした。

 しかし、日本政府関係者は…

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです