メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日印初の外務・防衛閣僚協議開く 「自由で開かれたインド太平洋」確認

初の2プラス2に臨む(左から)茂木敏充外相、河野太郎防衛相、シン国防相、ジャイシャンカル外相=ニューデリーで2019年11月30日、松井聡撮影

 日本、インド両政府は30日、初の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)をインドの首都ニューデリーで開いた。海洋進出を強める中国を念頭に、「自由で開かれ、包摂的で、法の支配に基づいたインド太平洋のビジョンを有する」との共同声明を採択した。

 日本からは茂木敏充外相と河野太郎防衛相、インドからはジャイシャンカル外相とシン国防相が出席した。シン氏は協議冒頭に「防衛、安全保障の協力関係をさらに強化させたい」と述べた。茂木氏は「日印の協力を一層具体化させたい」と応じ、河野氏は「初の2プラス2はインド太平洋地域における日印関係の重要性の高まりを象徴するものだ」と語った。日本にとって閣僚級の2プラス2は7カ国目。

 声明では、自衛隊とインド軍が物資や役務を融通し合う「物品役務相互提供協定(ACSA=アクサ)」の締結に向けた交渉の大幅な進展を歓迎。両政府は12月中旬に予定されている安倍晋三首相のインド訪問に合わせた締結を目指している。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  3. 「緊急事態宣言解除」 諮問委が了承 西村担当相「実施する必要なくなった」

  4. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  5. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです