メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝鮮学園「ヘイト、犯罪でないとお墨付き」と判決を強く批判 在特会「拉致巡る発言」に公益性認定で

判決後、冨増四季弁護士(左から2人目)らと記者会見をする京都朝鮮学園の柴松枝理事(同3人目)=京都市中京区で2019年11月29日午前11時14分、川平愛撮影

 学校法人京都朝鮮学園への2017年4月のヘイトスピーチで名誉毀損(きそん)罪に問われた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元京都支部長、西村斉(ひとし)被告(51)に対し、京都地裁(柴山智裁判長)は29日、罰金50万円(求刑・懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。だが、日本人拉致事件を巡る発言に「公益を図る目的があった」とも認定。刑事告訴した学園と弁護団は記者会見を開いて「ヘイトスピーチは犯罪ではないとお墨付きを与えてしまった」と強く批判した。京都市南区にあった京都朝鮮第一初級学校に西村被告らがヘイトスピーチを浴びせた09年12月の威力業務妨害事件から間もなく10年。「これまで勝ち取ってきたものが無に帰したようだ」と失望も広がった。【国本ようこ、南陽子、添島香苗、矢倉健次】

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです