メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

粘液中のインフルウイルス、アルコール消毒だけでは不十分 手洗い励行を

アルコール消毒が効きにくい仕組み

 鼻水やたんなど粘液に含まれるインフルエンザウイルスは、アルコール消毒をしても効きにくいとの研究結果を、京都府立医大の広瀬亮平助教(感染病態学)らのチームが30日までに米科学誌の電子版に発表した。

 体内のウイルスは、せきやくしゃみの際に口や鼻を手で押さえたとき、粘液に混じって手に付着することが多い。広瀬助教は「手などを介した接触による感染の拡大を防ぐには、アルコール消毒だけでは不十…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです