メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

崩壊した護岸。用水路の上には田畑があり、農作業車両が行き来する。番組収録では空になったが、水位は徐々に戻りつつある=茨城県潮来市前川で2019年11月29日、根本太一撮影

[PR]

 茨城県潮来市の農業用水路で、テレビ東京系のバラエティー番組「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」の収録があり、現場から10トンを超える粗大ゴミが撤去された。同時に東日本大震災で護岸が崩壊していたことも判明。市は応急措置費として、1000万円の補正予算案を12月3日開会の市議会に提出する。

 市によると、収録は今月6日に行われた。ブラックバスなどの外来生物を駆除する目的で約1・3キロにわたって排水したところ、テレビや洗濯機、冷蔵庫などが投棄されており、市民ボランティアらが2トントラック7台分を撤去したという。

 また、護岸が崩れた場所が多数確認された。付近の用水路でも、震災で崩れた護岸の復旧作業は実施されたが、この現場は雑草に覆われ目視では分からず、水を抜いて初めて、危険な状態があらわになった。全面修繕には相当な費用が必要で、市は用水路を管理する土地改良区や県、国と協議して財源を確保したい方針だ。

 原浩道市長は「まだ底に埋もれているゴミがある。排水ポンプは現場に残してあるので市民協働で清掃し、水郷の美しさを取り戻したい」と話している。

 番組は12月1日に放映される予定。【根本太一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  3. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです