メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高級貝タイラギ8季連続休漁 有明の漁師、不安の声「いなくなってしまう」

豊漁だった2009年度のタイラギ漁=佐賀県太良町沖の有明海で同年12月、姜弘修撮影

 有明海特産の高級二枚貝「タイラギ」の8季連続の休漁が決まった。生息調査でも個体数回復の兆しが見えない現状に、漁業者からは「このままタイラギがいなくなってしまうのでは」と不安の声が上がっている。

 県有明水産振興センターが10月に55地点で実施した生息調査では、確認された成貝は1地点の2個のみで、稚貝も8地点で最高5個にとどまった。福岡県による11月の調査でも、成貝はゼロ、稚貝も2地点で計5個と厳しい結果となった。

 潜水漁師でつくる佐賀、福岡両県の協議会は、26、27日にそれぞれ会合を開いて対応を協議し、29日に休漁が決まった。佐賀の協議会は、原則毎年実施していた独自調査を2014、17、18年に続き、4回目の中止とすることも決めた。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 誰にも知られず3カ月で消えた命 父不明、トイレ出産、出生届もなく…孤立した母

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです