リニア静岡工区 年内着工厳しく 3者協議見通し立たず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
川勝平太知事は3者協議の公開や環境省などの参加を求めている=県庁で2019年10月11日午後2時35分、山田英之撮影
川勝平太知事は3者協議の公開や環境省などの参加を求めている=県庁で2019年10月11日午後2時35分、山田英之撮影

 リニア中央新幹線静岡工区を巡る協議が停滞している。大井川の流量減少対策などで見解が相違する静岡県とJR東海に、国土交通省が「調整役」を買って出たが、足並みがそろわない状況が続く。JR東海は流域10市町に個別説明を打診したが、全市町に断られ、逆に市町の不信感が浮き彫りになった。JRは品川―名古屋間の2027年開業に向けて「工期に余裕はない」と繰り返すが、年内着工は厳しい情勢となっている。【山田英之】

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文1896文字)

あわせて読みたい

注目の特集