メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知的・精神・発達障害者に配慮「世界最高」ユニバーサルデザイン 新国立

報道陣に公開された新国立競技場の建設現場=東京都新宿区で2019年7月3日午前11時20分、小川昌宏撮影

 1964年東京五輪の舞台となった旧国立競技場の建て替え調査から8年。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場が11月30日完成した。当初計画の白紙撤回を経て再始動する「スポーツの聖地」に、夢とレガシー(遺産)はあるのか。【浅妻博之、松本晃、円谷美晶】

 二転三転した計画がもたらしたレガシーと言えるのが「世界一のユニバーサルデザイン(UD)」。障害者や子育ての視点にも立ち、誰もが競技を楽しめる工夫が施された。

 当初計画は間取りなど平図面を描く基本設計段階で、国際パラリンピック委員会(IPC)が求めるバリアフリー基準の検討や、障害者団体などからのヒアリングは十分でなかった。当初計画の基本設計後にUDアドバイザーとして携わった東洋大の高橋儀平名誉教授(建築学)は「基本設計から当事者団体と議論することで個々のニーズに応じた設備などの検討ができる」と指摘する。その反省が新計画で生かされた。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです