メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見る探る

私生活を20万円で撮影 実験参加者の家で聞いた「個人情報に対する価値観」

大田区の会社員宅にカメラを設置する遠野宏季社長=東京都大田区で2019年11月23日午後5時58分、吉田卓矢撮影

 報酬20万円で、1カ月間の私生活動画を撮影・収集する――。開始前からソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で話題になった社会実験が25日始まった。IT会社「Plasma(プラズマ)」(東京都目黒区、遠野宏季社長)による試み。1カ月間もカメラの監視下で暮らすなんて、記者(43)にはちょっと考えられない……。実験開始前、都内在住の被験者の男性2人に話を聞き、個人情報に対する感覚の違いに驚かされた。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

 11月23日夜、東京都大田区の住宅街の一角にある被験者の男性会社員(29)のマンションの一室を遠野社長(28)と男性スタッフが訪れ、記者も同行した。部屋…

この記事は有料記事です。

残り3112文字(全文3413文字)

吉田卓矢

1976年生まれ、兵庫県明石市出身。2005年入社。奈良支局、高松支局、大阪科学環境部、福井支局次長、水戸支局を経て、2019年秋から統合デジタル取材センター。原発や震災・防災、科学・医療などを中心に取材してきた。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです