メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セ大阪・柿谷が劇的な逆転ゴール 藤本康太の本拠地引退試合に花を添える

【セ大阪-清水】後半、2点目のゴールを決め、駆け出すセ大阪の柿谷(中央)=ヤンマースタジアム長居で2019年11月30日、山田尚弘撮影

 サッカーJ1のセ大阪は30日、ヤンマースタジアム長居で清水に2―1で逆転勝ちし、今季ホーム最終戦を白星で飾った。

 負けられない理由があった。チーム一筋に15年の現役生活を送ったDF藤本康太の本拠地引退試合。ベンチで藤本が見守る中、劇的な逆転勝利に導いたのは、エースFW柿谷曜一朗だった。

 1―1の後半34分、味方のミドルシュートのこぼれ球に素早く反応した。ゴールに背を向けた難しい体勢だったが、体をひねって右足のアウトサイ…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです