メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

日大藤沢が神奈川県予選を制す! 西川潤擁する桐光学園を破り5年ぶりの全国切符!

情報提供:サッカーキング

先制点を奪った日大藤沢FW浅野葵(左) [写真]=瀬藤尚美
 第98回全国高校サッカー選手権神奈川県予選決勝が30日に開催され、桐光学園と日大藤沢が対戦した。

 両校が神奈川県予選決勝で対戦するのは史上初。今夏のインターハイを制し、U-17ワールドカップに出場した西川潤(セレッソ大阪内定)を擁する桐光学園は2年連続11回目、日大藤沢は5年ぶり5回目の選手権出場を目指す。

 試合は18分、右サイドからのクロスに西川潤がヘディングで合わせるも、日大藤沢GK濱中英太郎がキャッチ。22分にはエリア内で再び西川が左足を振り抜くも、再び濱中がこれを阻止。一方の日大藤沢は30分、平田直樹がエリア外からシュートを放つもゴールは奪えず。スコアレスで前半を折り返した。

 後半開始早々には桐光学園MF所新太郎がクロスを1トラップから強烈なシュートを放つも、またしてもGK濱中がファインセーブを見せて先制点を奪えない。すると、ピンチを防いだ日大藤沢は49分、植村洋斗が左サイドからドリブル突破を見せる。そのままラストパスを供給すると浅野葵が1タッチで合わせて先制点をマークした。

 1点ビハインドを背負った桐光学園は、西川、神田洸樹を中心にゴールへ迫るも得点を奪えず。日大藤沢が集中したディフェンスで守り切り、試合はタイムアップ。1-0で勝利した日大藤沢が5年ぶり5度目の選手権出場を決めた。

【スコア】
桐光学園 0-1 日大藤沢

【得点者】
0-1 49分 浅野葵(日大藤沢)

【関連記事】
ライバル対決を制したのは市立船橋! 2年連続全国準V・流経大柏との打ち合い制す!
「青森山田に負けた悔しさが…」…惜敗を糧に矢板中央が挑む“先輩超え”
現実味を帯びる“全国制覇”…大願成就へ尚志が掲げたテーマは?
王者・青森山田が挑む“2度目”の挑戦…選手権連覇へのカギは“一発勝負の怖さ”
第98回全国高校サッカー選手権の組み合わせが決定! 前年度王者・青森山田は米子北と対戦!

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです