メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

磐田、大久保嘉人の勝ち越し弾で名古屋撃破も…1試合残してJ2降格が決定

情報提供:サッカーキング

ジュビロ磐田と名古屋グランパスが対戦した [写真]=J.LEAGUE
 明治安田生命J1リーグ第33節が30日に行われ、18位のジュビロ磐田と12位の名古屋グランパスが対戦した。

 最下位に沈んでいる磐田は、J1残留に向けて勝利が絶対条件となる。試合は22分に動く。コーナーキックに松本昌也が頭で合わせ、磐田が先制に成功した。

 リードを許した名古屋は39分、コーナーキックに丸山祐市が合わせるが、これは相手GKの好セーブに弾かれる。しかし、こぼれ球を長谷川アーリアジャスールが押し込み、同点に追い付いた。

 後半に入り60分、磐田はペナルティエリア手前でリズムよくパスを繋ぐと、最後は藤川虎太朗がシュートを放つが、名古屋GKランゲラックのスーパーセーブに阻まれた。それでも71分、クロスのこぼれ球に反応した大久保嘉人がネットを揺らした。名古屋はオフサイドを訴えたが、判定は覆らず。再び磐田がリードを奪った。

 試合はこのまま2-1で終了し、磐田が勝利を収めた。しかし、湘南ベルマーレがサンフレッチェ広島に勝利したため、磐田のJ2降格が決定した。

【スコア】
ジュビロ磐田 2-1 名古屋グランパス

【得点者】
1-0 22分 松本昌也(ジュビロ磐田)
1-1 39分 長谷川アーリアジャスール(名古屋グランパス)
2-1 71分 大久保嘉人(ジュビロ磐田)

【関連記事】
●最新FIFAランク発表! 日本は28位キープもアジアトップに…上位陣はほとんど変動なし
●京都が元指揮官ピム・ファーベーク氏を偲ぶ「とても暖かい指導者でした」
●今季8位の京都、實好礼忠コーチの監督就任を発表「全力で取り組みます」
●大宮がピム・ファーベック元監督を追悼「あらためて敬意を表します」
●浦和、GK岩舘の退団を発表「最後までこのチームの1人として…」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです