メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者アートの魅力 作品展示、活動紹介も 柏崎 /新潟

トークセッションと同時開催されたアールブリュット展=新潟県柏崎市東本町1の市民プラザで

 柏崎市の社会福祉法人「ロングラン」などは30日、障害者アートを考えるフォーラム(毎日新聞新潟支局など後援)を同市で開いた。正規の美術教育を受けない人が自発的に創作した独創的な作品「アール・ブリュット」(仏語で「生の芸術」の意)が展示された。

 トークセッションもあり、アートが障害者と地域との「懸け橋」になる可能性を模索した。富山県高岡市で障害者アートを支援するNPO法人代表の米田昌功さんは…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. ORICON NEWS 『TGC』初の“無観客”で開幕 ランウェイトップバッターは中条あやみ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです