メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

所蔵原画、忠実に再現 神戸松蔭女子学院大の学生らがカレンダー制作 /兵庫

完成したカレンダーと制作に参加した学生たち=神戸市灘区の神戸松蔭女子学院大学で、木田智佳子撮影

 神戸松蔭女子学院大学(神戸市灘区)は、所蔵するファッション関連の原画を活用し、アールデコの魅力を伝える来年のカレンダーを制作した。希望者に有償で提供し、集まったお金は地震や豪雨の被災者のために寄付する。

 大学の魅力を伝えようと、学生と教職員で取り組む活動「松蔭GP(Good Practice)」の一環。学内図書館の蔵書の中から、20世紀初めに活躍したフランスのイラストレーター、ジョルジュ・バルビエとシャルル・マルタンの絵を版画で表現した原画を元に、201…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 座して死なないために我々ができること 3Dプリンターで人工呼吸器の代替器

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです