メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尼崎中2自殺 転校前のいじめ調査へ 第三者委が初会合 神戸 /兵庫

 尼崎市立中学2年の男子生徒(当時14歳)が、昨年11月、市内で電車にはねられて死亡した事故で、生徒が通っていた神戸市立小学校で受けたいじめとの関係などを調べる同市教委の第三者委員会の初会合が11月29日、神戸市内で開かれた。当時の小中学校長から聴取し、母親の意向を確認した上で、当時の同級生へのアンケートや聞き取りなども実施することを決めた。来年中に最終的な報告書をまとめる方針。

 生徒の母親によると、男子生徒は小学5年の2学期に神戸市立小に転校。卒業直前の2017年3月、教室の…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです