メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「社会全体で問題共有を」 「ひきこもり」考える講演会 山口 /山口

 長期間のひきこもり状態にある人の支援について考える講演会が30日、山口市吉敷下東の県総合保健会館で開かれた。

 県の主催で、全国的な課題であるひきこもりについて、本人や家族、地域の正しい理解と連携を促そうと毎年開催している。30日は、ひきこもり状態にある人を抱えた世帯を支援するNPO法人「オレンジの会」(名古屋市)の理事で社会福祉士の鈴木美登里さんが講演した。

 80代の親とひきこもりの50代の子どもが共に困窮する「8050問題」という言葉が生まれるほど長期化…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです