メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・この3冊

海に連れていってくれる小説 伊東潤・選

 <1>海狼伝(白石一郎著/文春文庫/1034円)

 <2>漂流(吉村昭著/新潮文庫/825円)

 <3>深重の海(津本陽著/集英社文庫/880円)

 日本は海に囲まれた島国だが、英国などと比べると、海洋文学というジャンルが活況を呈しているわけではない。その理由を私は江戸時代の鎖国の影響が昭和にまで及んでいたのではないかと思っている。新天地を求めて海外へと進出していった英国人に比べると、江戸時代の日本人にとって、海は糧を得る場としてだけ存在し、その先にあるものに思いを馳(は)せてはいけなかったのだ。それが数代にわたる無意識裡(り)の禁忌となっていったのではないだろうか。

 それでも昭和に入ると、白石一郎氏によって血湧き肉躍る海洋冒険小説の傑作群が生み出される。中でも<1…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです