メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『南方の志士と日本人』 著者・林英一

 ◆著者・林英一(はやし・えいいち)さん

 (筑摩選書・1650円)

「異文化交流の実験」を見直す

 副題は「インドネシア独立の夢と昭和のナショナリズム」。1933年、インドネシア人留学生として初めて日本に渡った2人の軌跡から、知られざる昭和史を照射した歴史ノンフィクションだ。

 主人公のガウスとウスマンはオランダによる植民地支配からの脱却を目ざし、日本に学ぶ。右翼の大物や陸軍諜報(ちょうほう)員との出会い、日本人女性との恋愛などを通じ、日本人や日本文化を深く理解してゆく。そして41年の開戦と日本軍によるインドネシア占領、軍政。独立を実現するため日本への協力も拒まなかった。終戦後はそれぞれ日本とシンガポールで独立戦争を支援した。

 2人の志士は、インドネシア史の中でさほど知られていないという。「インドネシアの独立は、青年たちがオ…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです