メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー J1 横浜マ4-1川崎 横浜マ、切れ味鋭く王者を圧倒

【川崎-横浜マ】後半、チーム2点目のゴールを決める横浜マのエリキ(左)=宮武祐希撮影

 (第33節・30日)

 <横浜マ4―1川崎>

 切れ味鋭い横浜マのカウンター攻撃は、昨季まで2連覇の王者・川崎を一刀両断にした。

 前半8分、少ない手数でボールをつなぎ、自陣左のティーラトンが縦に長いパスを送った。マテウスがタッチライン際で川崎の守田を振り切ってクロスを上げると、逆サイドで待っていた仲川が体ごと押し込んだ。「立ち上がりから高い強度でプレーして点を取り、良い試合運びができた」とマテウス。後半も開始早々、松原が攻め上がり、相手守備陣の間を通す正確なスルーパスでエリキの追加点を演出した。

 同じ攻撃サッカーを掲げる川崎が相手でも、最終ラインを高く保って打ち合いを挑めるのは安定した守備があるからだ。畠中、チアゴマルチンスの両センターバックが川崎の小林、脇坂と競り合い、決定的な仕事をさせなかった。失点は大勢が決した終盤の1点のみ。前線から激しいプレスを受けてボールを失い、シュートチャンスにされた川崎の守備陣とは対照的だった。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元ソフトバンクの摂津氏が白血病 骨髄ドナー増えること願って公表

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自宅療養中コロナ死21人 7人は入院先決まらず待機中 症状急に悪化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです