メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

終結30年、NYに革命歌 社会主義、若者51%好意的

 <アライズ ヤ プリズナー オブ スタベーション(立て飢えたる者よ)……>。11月10日の米ニューヨーク・マンハッタン。雑居ビルの一室で開かれた集会が終わりを迎えると、約90人の若者らが立ち上がって歌い始めた。革命歌「インターナショナル」。30年前、米国は資本主義を掲げる西側陣営を率い、東西冷戦を終わらせた。だが、その米国の中心地で、社会主義の象徴が高らかに響いていた。

 集会を開催したのは、ロンドンを拠点とする社会主義者団体「国際マルクス主義潮流」(IMT)の米支部。…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです