メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独社民党、党首に大連立懐疑派のペア選出 メルケル首相任期全うに暗雲

独社民党の党首選で当選したワルターボルヤンス氏(左)とエスケン氏=AP

 ドイツでメルケル首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と大連立を組む中道左派、社会民主党(SPD)は11月30日、党首選の決選投票の結果を発表した。今回は共同代表制も視野にペアでの参加も認めており、大連立に懐疑的なワルターボルヤンス元ノルトライン・ウェストファーレン州財務相(67)と連邦議会議員のエスケン氏(58)のペアが当選した。

 SPDが連立見直しに踏み込む可能性が高まり、メルケル氏が2021年秋の任期満了まで政権を維持できるか危ぶまれている。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです