メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日印、初の戦闘機共同訓練を来年、日本で実施へ 外務・防衛閣僚協議

初の2プラス2に臨む(左から)茂木敏充外相、河野太郎防衛相、シン国防相、ジャイシャンカル外相=ニューデリーで2019年11月30日、松井聡撮影

 茂木敏充外相と河野太郎防衛相は11月30日、インドの首都ニューデリーであった初の日印外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の終了後、記者団の取材に応じた。河野氏は、自衛隊とインド軍が来年に初の戦闘機共同訓練を日本で実施することで一致したと明らかにした。茂木氏は「今後も緊密に連携し、日印の特別な戦略的グローバルパートナーシップを力強く推進したい」と述べた。協議では次回の2プラス2を東京で開催することも決めた。

 戦闘機の共同訓練が実現すれば、米国、英国、オーストラリアに続いて4カ国目。協議では、自衛隊とインド軍が物資や役務を融通し合う「物品役務相互提供協定(ACSA=アクサ)」については、早期妥結に向けた期待を表明。陸上無人車両などの共同研究の進捗(しんちょく)を歓迎し、防衛装備や技術協力を強化する必要性も確認した。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  2. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  3. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです