メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルタ女性記者殺害事件 汚職報じられた首相側近が関与か

 地中海の島国マルタで2017年に調査報道記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(当時53歳)が殺害された事件で、汚職疑惑を報じられたムスカット首相の側近が事件に関わった疑いが濃厚になっている。現地では首相の責任を問うデモが続いており、地元紙は11月30日、ムスカット氏が辞任する見通しと報道。欧州で「報道の自由」を揺るがした殺人事件は、政権幹部による「口封じ」だった可能性が出てきた。

 カルアナガリチアさんは17年10月、マルタ北部の自宅を車で出た直後、車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、死亡した。カルアナガリチアさんは国内随一の調査報道記者として知られ、自らのブログで政治家の汚職を追及。租税回避地(タックスヘイブン)を巡る「パナマ文書」の報道にも参加していたことから、その死は世界的に大きく報じられた。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです