メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マルタ女性記者殺害事件 汚職報じられた首相側近が関与か

 地中海の島国マルタで2017年に調査報道記者、ダフネ・カルアナガリチアさん(当時53歳)が殺害された事件で、汚職疑惑を報じられたムスカット首相の側近が事件に関わった疑いが濃厚になっている。現地では首相の責任を問うデモが続いており、地元紙は11月30日、ムスカット氏が辞任する見通しと報道。欧州で「報道の自由」を揺るがした殺人事件は、政権幹部による「口封じ」だった可能性が出てきた。

 カルアナガリチアさんは17年10月、マルタ北部の自宅を車で出た直後、車に仕掛けられていた爆弾が爆発…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです