メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護職に奨励金や報奨金 人手不足解消狙い 大分・宇佐市

 介護現場の人手不足解消を狙い、大分県宇佐市は市内の介護サービス事業所に正規職員として就職した人や、その後継続して勤務した人に奨励金や報奨金を贈る事業を始める。全国的にも手厚い制度としており、開会中の定例市議会に事業費100万円を提案している。

 市によると、ハローワーク宇佐管内(宇佐、豊後高田市)の8月末の「介護サービスの職業」は、有効求人97人に対し求職者29人で有効求人倍率は3倍。全国的にも3・66倍と人手不足が顕在化している。市議会か…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです