メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かさ上げ6メートル「命の道」津波被災の仙台で完成

東部復興道路の通り初めをする車列。後方には震災遺構の荒浜小が見える=仙台市若林区で2019年11月30日、滝沢一誠撮影

 東日本大震災の津波で被災した教訓を踏まえ仙台市が沿岸部にかさ上げ整備した「東部復興道路」が30日、開通した。当初3月の完成予定が地盤改良や台風19号の被害で2度延期され、待ちわびた多数の住民が災害時に安全を守る「命の道」の完成を祝った。【滝沢一誠】

 道路は津波で被災した市東部の宮城野区・若林区を南北に縦断し、七北田川河口の高砂橋から名取川河口の閖上大橋までの10・2キロを結ぶ。大部分を旧県道10号と並行するが、新道は約6メートルかさ上げされ、震災級の津波を海岸堤防と共に「多重防御」する。また復興道路から内陸部に通じる3本の道路を避難道路に指定し、沿岸部の住民が円滑に避難できる…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  2. 「末期症状」安倍政権に大打撃 黒川氏スキャンダル 検察も「出直し」

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 秘密裏の法解釈変更許すのか 検察庁法巡り「周知必要ない」という政府の国会軽視

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです