シロクマ「ピース」2日に20歳 育児放棄、病も乗り越え 飼育員寄り添う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見つめ合うピースと高市敦広さん=愛媛県砥部町上原町の県立とべ動物園で2019年11月30日午後3時3分、遠藤龍撮影
見つめ合うピースと高市敦広さん=愛媛県砥部町上原町の県立とべ動物園で2019年11月30日午後3時3分、遠藤龍撮影

 国内で初めて人工哺育に成功し、生存記録を更新し続ける愛媛県立とべ動物園(砥部町)のホッキョクグマ(シロクマ)の雌、ピースが2日、20歳の誕生日を迎える。一般的な飼育下では寿命が25~30年とされるシロクマ。「生きてくれてありがとう」。1日、同園で誕生会が開かれ、「育ての親」の飼育員、高市敦広さん(49)は感慨深い思いでピースを祝福した。

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文761文字)

あわせて読みたい

ニュース特集