メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「親失った心のケア長期に」阪神大震災遺児支援・あしなが育英会シンポ

震災当時について語る震災遺児の中埜翔太さん(右から2人目)。同3人目は福井友利さん=神戸市東灘区で2019年12月1日、望月亮一撮影

 阪神大震災(1995年)の遺児らを支援してきたあしなが育英会の「神戸レインボーハウス」(神戸市東灘区)で1日、シンポジウム「遺児たちの歩み~地域の寄り添いと共に~」が開かれた。国内外の遺児たちが体験を語り、親を失った心のケアには長期的に寄り添う支援者が必要だと訴えた。阪神大震災は来年1月17日、発生から25年の節目を迎える。

 登壇した阪神大震災の遺児は、4歳で母親(当時31歳)を失った福井友利さん(29)=兵庫県三田市=と…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです