メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南アW杯16強貢献 闘莉王が現役引退「感謝でいっぱい」

 J2京都の田中マルクス闘莉王

[PR]

 サッカー元日本代表でJ2京都のDF田中マルクス闘莉王(38)が1日、現役引退を発表した。東京都内で記者会見を開き「19年間のプロ生活をきょうで引退します。感謝の気持ちで胸がいっぱいです」と晴れやかに話した。元日本代表の楢崎正剛氏と中沢佑二氏から花束を受け取り「素晴らしい仲間に出会えたことも誇り」と喜んだ。

 ブラジル出身でJ2水戸時代の2003年に日本国籍を取得した。卓越した守備力、得点力を兼ね備え、主にセンターバックで活躍。「日本に恩返しする一心だった」と、日本代表では10年のW杯南アフリカ大会で16強入りするなど国際Aマッチ43試合で8得点した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  2. 75歳以上「2割」22年度から 医療費負担、低所得者は1割維持

  3. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  4. 新潟女児殺害 小林被告に無期懲役 地裁判決

  5. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです