メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺、日本勢最上位5位で五輪代表に 世界トランポリン男子 海野は6位

トランポリン男子個人で5位に入り東京五輪代表に決定し喜ぶ堺亮介=有明体操競技場で2019年12月1日、宮間俊樹撮影

 2020年東京五輪予選を兼ねたトランポリンの世界選手権は最終日の1日、東京・有明体操競技場で男子個人決勝があり、22歳の堺亮介(星稜ク)が日本勢最上位の5位となり、東京五輪代表に決まった。19歳で初出場の海野大透(静岡産大ク)は6位。日本体操協会は選考基準で、今大会の決勝に進んだ日本勢最上位の選手…

この記事は有料記事です。

残り61文字(全文211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 無言の抵抗の思いとは?医療従事者100人、ベルギー首相に背を向け「冷たい歓迎」

  3. 特集ワイド 乱世で「小池劇場」再び 風読みコロナ対応次々、好感度上昇

  4. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  5. 特集ワイド 元文科相・田中真紀子さん 秋入学、まず大学だけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです