メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校eスポーツ選手権 決勝大会の組み合わせ決まる

全国高校eスポーツ選手権決勝大会の組み合わせ抽選会で各学校のチーム名が書かれたカードを引く、大会スペシャルサポーターのケイン・コスギさん=東京都内で2019年12月1日午後4時29分、倉沢仁志撮影

[PR]

 高校生が同じ学校でチームを組み、対戦型のコンピューターゲームで競う「第2回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社、サードウェーブ主催)決勝大会の組み合わせ抽選会が1日、東京都内であり、2部門各4チームの対戦カードが決定した。大会は28、29両日、東京都渋谷区のEBiS303で開催される。

 3人対3人で対戦するサッカーゲームの「ロケットリーグ」は、第1試合で前回準優勝の鶴崎工(大分)と釧路高専(北海道)、第2試合は前回覇者の鹿島(佐賀)とN高(沖縄)が対戦する。5人対5人の陣取りゲーム「リーグ・オブ・レジェンド」は、前回4強の横浜市立南(神奈川)とN高(沖縄)が第1試合、クラーク記念国際秋葉原(東京)と豊田工(愛知)が第2試合で顔を合わせる。

 今大会は、両部門に前回より72チーム多い計225チームが出場。予選は8月と11月に自宅や学校の教室からオンライン上で行われ、4強が決まった。【倉沢仁志】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです