メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「財産のシーズン」女子ゴルフ渋野 賞金女王逃すも前向き「五輪第一」

ラウンドの合間に笑顔を見せる渋野日向子=宮崎カントリークラブで2019年12月1日、津村豊和撮影

 その差はわずか約750万円。賞金女王にあと一歩及ばなかった渋野は「悔しさは全くない」と、潔く負けを認めた。

 先行する組でプレーする鈴木がスコアを伸ばしたため、渋野が逆転するには、優勝しかなかった。だが、「さっぱりだった」と、ショット、パットともに精彩を欠いた。

 ようやくかみ合ったのは12番(パー3)。30センチに寄せてこの日初バーディーを挙げた。13番(パー5…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです