メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千代の富士の筋肉、白鵬の低い立ち合いで勝利 アマ横綱・谷岡 教職へ

日大のイェルシンを上手投げで破り優勝した近大の谷岡(奥)=両国国技館で2019年12月1日、吉田航太撮影

 決勝の相手は191センチ、165キロのイェルシン。呼吸が合わず、3回目の立ち合いで180センチ、125キロの谷岡は相手の突きを回り込みながらかわし、左を伸ばしてつかんだ上手で投げを打ち、勝負を決めた。「先に仕掛けられたのが良かった」と谷岡。今年は左膝や右太ももを負傷し、なかなか試合に出られなかったが、最後に栄冠をつかんだ。

 谷岡は大相撲の2人の横綱を参考に力をつけた。同じ細身の千代の富士を参考に鍛えた筋肉質の体、そして白…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです