メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

国際 ローマ教皇訪日 若者に平和への思い

ミサの会場に到着し長崎市内の信者の歓迎を受けるフランシスコ・ローマ教皇

[PR]

田中洋之たなかひろゆき 毎日新聞まいにちしんぶん 編集委員へんしゅういいん

 キリストきょうカトリックの最高指導者さいこうしどうしゃ、フランシスコ・ローマ教皇きょうこう(82)が11がつ下旬げじゅんはじめて日本にっぽんおとずれました。被爆ひばく長崎ながさき広島ひろしまで「核兵器かくへいきのない世界せかい」の実現じつげんうったえた教皇きょうこうには、つぎ時代じだいにな若者わかものたちに平和へいわたくおもいがあふれていました。

     2013ねん就任しゅうにんした教皇きょうこうは、かねて被爆ひばくりをのぞんでいました。広島ひろしま演説えんぜつした教皇きょうこうは「平和へいわ巡礼じゅんれいしゃとして、この場所ばしょおとずれなければならないとかんじていました」と表明ひょうめい。それは、原子爆弾げんしばくだんくなったおおくの人々ひとびとおもすとともに「とくに平和へいわのぞみ、平和へいわのためにはたらき、平和へいわのためにみずからを犠牲ぎせいにする若者わかものたちのねがいとのぞみ」をむねにしながら、いのりをささげるためだとべました。

     原爆投下げんばくとうかから74ねんぎましたが、核廃絶かくはいぜつへのみちとおく、世界せかい不安定ふあんていしてかく脅威きょういぎゃくたかまっています。教皇きょうこうは「戦争せんそうのために原子力げんしりょく使用しようすることは、現代げんだいにおいて犯罪はんざい以外いがいなにものでもありません」「核兵器かくへいき保有ほゆうは、それ自体じたい倫理りんりはんします」と強調きょうちょう世界せかいなに行動こうどうしなければ、「つぎ世代せだい人々ひとびとが、わたしたちの失態しったいさば裁判官さいばんかんとしてがるでしょう」とうったえました。

     また、被爆者ひばくしゃ平均へいきんねんれいが82.65さい今年ことし月末がつまつ現在げんざい)と高齢こうれいしているなか、被爆者ひばくしゃたちととしかさなる教皇きょうこうは、「現在げんざい将来しょうらい世代せだいが、ここ(被爆ひばく)できた出来事できごとわすれるようなことがあってはなりません」とべ、原爆げんばく悲惨ひさんさを記憶きおくし、「二度にどかえしません」とつづけることが重要じゅうようだと指摘してきしました。

     4日間よっかかん日程にってい日本にほん各地かくち精力的せいりょくてきまわり、若者わかものらと交流こうりゅうふかめた教皇きょうこう。「(かくなき世界せかいの)理想りそう実現じつげんするには、すべての人々ひとびと参加さんか必要ひつようです」。教皇きょうこう長崎ながさきはっしたメッセージは、世界せかい政治せいじ指導しどうしゃだけでなく、みなさんにけられたものでもあるのです。


     通算つうさん年半ねんはんにわたりモスクワ特派員とくはいんをつとめ、ユーラシア大陸たいりく各地かくち取材しゅざいした。ロシアがんだキャラクター「チェブラーシカ」をこよなくあいする。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

    4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

    5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです