メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

ともに元文科官僚 寺脇研氏×前川喜平氏/上 桜を見る会 安倍政治のゆがみ問う

寺脇研・京都造形芸術大教授=内藤絵美撮影

 長く教育行政に携わってきた、ともに元文部科学官僚の寺脇研氏(67)と前川喜平氏(64)が共同企画し、現在のこの国の少年少女たちを取り巻く悲惨な実態を描いた映画「子どもたちをよろしく」(来年2月末公開)が早くも話題を呼んでいる。現職の文科相による「身の丈」発言に象徴される「大人社会」のゆがみが、子どもたちを追い詰めているのではないか。そんな思いを抱く2人に、毎日新聞の与良正男専門編集委員が今の政治や教育の問題について聞いた。2回に分けて紹介する。【構成・宇田川恵、対談写真は内藤絵美】

この記事は有料記事です。

残り2804文字(全文3048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです