メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

奇跡の新宿御苑=永山悦子

新宿御苑のイギリス風景式庭園。天気がいまひとつの平日にもかかわらず、多くの外国人観光客らが訪れていた=東京都新宿区で2019年11月27日、永山悦子撮影

 晩秋の新宿御苑を歩いた。案内してくれたのは、元環境庁新宿御苑管理事務所長の上野攻(おさむ)さん(77)。ここは首相主催の「桜を見る会」の会場だが、最近の報道は、だれが来ただの、どんな食べ物や酒が出ただのが中心。だから、新宿御苑の本来の楽しみ方を知りたくなった。

 新宿御苑の歴史は古い。1590年に関東へ領地を移された徳川家康が、後に現在の長野県伊那市周辺を治めた内藤家に、江戸の屋敷地として約21万坪を与えたのが始まり。なんと400年以上も前の話。上野さんの著書「新宿御苑 誕生までの三二〇年とその後」(文芸社)によると、この広大な緑地が今まで残ったのには、いくつもポイントがあったそう。

 (1)幕府へ土地を返すよう再三求められた内藤家が維持にこだわった(2)明治時代と戦後、農業試験場な…

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです