メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

瀬戸内寂聴さんが新刊 「愛とは」円熟の語りで 『寂聴 九十七歳の遺言』

新著に込めた思いを語る瀬戸内寂聴さん=京都市右京区で2019年11月14日、小松雄介撮影

 今年97歳になった作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが、新刊『寂聴 九十七歳の遺言』(朝日新書)の出版にあたり、京都・嵯峨野の寂庵で記者会見を開き、本書に込めた思いや近況を語った。【小玉沙織】

 紫の法衣姿で登場した寂聴さんは、タイトルについて「遺言って書いたら売れるかなと思って」とおどけつつ「97歳といったら、今夜死んでもおかしくない。死ぬということが日常の中にくっついているのね。その死の間近にいる私が遺言というのは強いでしょ」と思いを明かした。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです