メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

今井朋彦演出「メモリアル」 俳優の力試される作品

=田中博子撮影

 文学座は3日から、東京・信濃町の文学座アトリエで、劇作家、松原俊太郎の最新作「メモリアル」を上演する。演出を手がけるのは文学座の俳優で、劇団の公演は初演出となる今井朋彦。「『この不思議な世界は何だろう』と戸惑う人もいると思うが後々、この芝居を見た影響が何か違う形ででも残ることを期待している」と話す。

 今井は松原の戯曲について、「脈絡がないようでいてある。通常、僕らが考える論理性とは少し違う観点で世…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです