メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

配信と劇場公開 どちらが先か=勝田友巳

 名匠マーティン・スコセッシ監督の新作「アイリッシュマン」が、全国の映画館で公開されている。配信大手ネットフリックス製作のこの作品、今年屈指の大作なのに事前の宣伝はほとんどなく、公開は一部シネコンやミニシアターで60館程度。ひっそり、というより、こっそりといった体だ。もったいない気もするこのチグハグさ、映画界と配信業者の微妙な関係の表れで、配信作品は映画かという昨今の映画界の大問題の象徴なのだ。

 映画界の常識では、映画はまず映画館で公開し、一定期間後にDVD化やテレビ放送するもの。ところがネッ…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです