メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東御、高地トレ聖地 長野東部、標高1750メートル 「地域・五輪のため」市が整備

17年に設置された陸上トラックで走る地元の子供たち。冬はスキー場となるため、後ろの斜面にはリフトが見える=長野県東御市で、小林悠太撮影

 「東御(とうみ)」という地名が最近、スポーツ関係者の間で盛んに使われている。長野県東部の東御市にある標高1750メートルの湯の丸高原に、陸上と競泳の高地トレーニング施設が整備され、東京五輪を目指す日本のトップ選手が集まっているのだ。合言葉は「湯の丸からセンターポールに日の丸を」。メダル量産と地方創生を同時に掲げる日本初の試みは吉とでるか。【小林悠太】

 東京から北陸新幹線で約80分。JR佐久平駅から車で約1時間かけて浅間連峰を登ると、湯の丸高原に着いた。夏でも最高気温は22~23度で湿度も低く、年間雨量も少ない。アスリートにとって、好条件の練習環境がある。

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです