メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

93歳・井手さん、指揮歴70年記念し演奏会 米団治がナビゲーター 来月、京都

コンサートに向けて手を取り合う(左から)桂米団治、井手章夫さん、赤穂正秀・大阪交響楽団事務局長=大阪市北区で2019年11月21日午前11時30分、倉田陶子撮影

 クラシック音楽に造詣の深い落語家、桂米団治がナビゲーターを務めるコンサート「ベートーベン生誕250年記念 井手章夫(ふみお)指揮者活動70周年記念演奏会」が来年1月9日、京都市左京区の京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタ(小ホール)で開かれる。管弦楽は大阪交響楽団。

 井手氏は1927年1月、京都市生まれ。米団治の妻の伯父にあたり、教師を続けながら長くアマチュアオーケストラを指揮してきた。昨年、井手氏の指揮歴を知った米団治が演…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです