メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

圧制下のユーモア=高尾具成

 以前、独裁色の強いアフリカのある国で、その国の政治談議をしていた時のこと。飲食店でお茶が運ばれてくる寸前、突然、話題がサファリに切り替わった。えっ!と驚く私の顔を見て、正面に座る地元記者がウインクをしている。お茶が置かれ、しばらくすると政治体制を巡る話に戻っていた。「通報されて、逮捕される恐れがあった」というのが理由だった。

 11月半ば、今月で60年を迎える「北朝鮮への帰国事業」を考える集会に参加した。政治状況の違いこそあれ、圧制下では、自由な言論やふるまいが許されないことを改めて思い起こしたのだ。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです