メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク

桂華紋 NHK新人落語大賞で優勝 「もっと枠を出る何か」を求め

NHK新人落語大賞を受賞した桂華紋さん=大阪市北区で2019年11月21日、山崎一輝撮影

 10月に行われた「NHK新人落語大賞」で優勝し、東西の若手落語家のトップに立った。芸歴10年目ながら実力派の新人として注目されていた存在。コンテストでは不利と言われるトップ出番をものともせず、審査員5人中4人から満点の評価を得ての優勝に、「入門した時からこれだけは取りたいと思っていた」と喜ぶ。

 勝負ネタに選んだのは、修業中から手がけていた自信の一席「ふぐ鍋」。「河豚(ふぐ)は食いたし命は惜しし」と言われた昔。おいしそうに煮えたフグ鍋を前に、家のあるじが客人に毒味をさせようとするが――。あらかじめ噺(はなし)をなるべく刈り込み、制限時間にかなり余裕を持たせて本番に臨んだという華紋。いよいよフグを食べるという直前、あるじと客人が往生際悪く「最初の一口」を押しつけ合うさまをたっぷりした間で演じると、その仕草や表情一つ一つに会場が沸いた。

 今年6月の「上方落語若手噺家グランプリ」では、「阿弥陀池」をトップスピードに乗せて完璧に演じたもの…

この記事は有料記事です。

残り591文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです