メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ウオールシェア

「とんぼりリバーウォーク」のストリートアートの前でポーズを取る女性

 巨大な魚やたこ焼きなど、鮮やかでポップなストリートアートが壁一面に広がる。道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」(大阪市)の、新戎橋―大黒橋両岸の側壁に描かれた作品が街を彩る。

 空き壁を有効活用する「ウオールシェア」という企画。ITベンチャー「ワンエイティー」(神戸市、上仲昌吾社長)が、南海電鉄(大阪市)と提携し7月から始めた。現在は関西を…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです