三浜駅伝 茨城大A、男子総合V2 中学男子の部、峰山中が3連覇 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
号砲とともにスタートする中学男子、高校女子、一般女子の部の選手たち=茨城県ひたちなか市和田町3の市漁村センター前で
号砲とともにスタートする中学男子、高校女子、一般女子の部の選手たち=茨城県ひたちなか市和田町3の市漁村センター前で

 那珂湊、平磯、大洗の三つの浜を駆け抜ける「第74回三浜(さんぴん)駅伝競走大会」(ひたちなか市・大洗町主催、毎日新聞水戸支局後援)が1日、ひたちなか市和田町3の市漁村センターを発着点とするコースで行われた。計162チームが参加し、一般男子部門と一般女子部門はともに茨城大学が優勝。中学男子の部は常陸太田市立峰山中が3連覇を達成し、中学女子の部は同市立金砂郷中が制した。

 2年連続の総合優勝(高校男子と一般男子を合わせた1位)を果たした茨城大Aで2区(7・5キロ)を任された小野隼太選手(修士課程2年)は、学部時代から6度目の出場。今大会を最後に第一線を退くと決めており、途中まで水戸工業高とトップを競っていたが「高校生に負けられない」と残り2キロで一気に引き離した。「三浜駅伝は地元の大会。この先も三浜の強豪は茨大と呼ばれるチームになってほしい」と後輩たちにエールを送…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文1016文字)

あわせて読みたい

注目の特集