メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

南極天文コンソーシアム 関西発、次世代望遠鏡を 「初期銀河」観測へ 開発研究費20億円、寄付募る /大阪

南極に設置を計画する望遠鏡の完成想像図を示す関西学院大の中井直正教授=兵庫県三田市で、渡辺諒撮影

 いまだに確認されていない数多くの銀河を見つけ出そうと、関西学院大を中心とするグループ「南極天文コンソーシアム」が、南極に口径10メートルの電波望遠鏡を建設する計画を進めている。南極は、観測の妨げになる大気中の水蒸気が極めて少ないなどの好条件に恵まれており、未知の銀河から生命の起源や進化を探ることができる。関学は関西発の次世代望遠鏡を実現しようと、来年1月から5年間で、開発研究費として20億円の寄付金を募る。【渡辺諒】

 宇宙は、約138億年前のビッグバンによって生まれたとされる。既存の光学望遠鏡で観測できる太陽系の惑星などは、約130億年前以降に形成された。一方で、こうした惑星や生命の起源となった初期の銀河は、約130億年より前に誕生したと考えられている。しかし、初期銀河には暗いものが多く、理論上存在すると予測されている数の3割ほどしか見つかっていない。7割は行方不明の「暗黒銀河」と呼ばれている。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです