メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災の記憶、未来を照らす 神戸の学生ら、ルミナリエに光る募金箱 /兵庫

今年の募金箱の一部を披露する学生たち。手に持っている3点が新作=神戸市中央区の市役所で、木田智佳子撮影

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「神戸ルミナリエ」(6~15日)の会場で運営資金を募るための新しい「光る募金箱」を、神戸大と神戸芸術工科大の学生たちが完成させた。

 神戸大大学院工学研究科の「塚本・寺田研究室」が2005年に始めたプロジェクトの一環。「募金してくれた人に楽しさを届けよう」と、人の動作を感知したりLED(発光ダイオード)機器を制御したりする…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです