メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「生」のオブジェ、修復へ参加募集 宝塚で7、8日 /兵庫

 宝塚市中心市街地を流れる武庫川の中州にあり、阪神大震災発生前夜の1月16日夜にライトアップされている石積みの「生(せい)」のオブジェの修復作業が、7、8日に行われる。市民らでつくる「記憶の中の『生』再現プロジェクト」(大野良平代表)が毎年夏と冬に修復しており、現在10代目のオブジェの修復への参加者を募っている。

 オブジェは、震災から10年が経過した2005年に宝塚市など被災地の「街と人の心の再生」を願って制作…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです