メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

介助犬を再アピール /兵庫

紙芝居「グッドガール シンシア」より

 毎日新聞阪神支局と宝塚市、宝塚市教育委員会が主催する「第21回身体障害者補助犬シンポジウム」が14日午後1~3時、宝塚市立中央図書館(阪急清荒神駅南口下車すぐ)で開かれます。

 阪神支局が、体の不自由な人の生活を支える介助犬の公的認知を訴えるキャンペーン報道を始めたのは1998年。宝塚在住の木村佳友さん(59)と介助犬・シンシアを通して、介助犬と利用者、取り巻く社会の課題を発信してきました。

 翌年、宝塚市が、障害のあるなしにかかわらず市民が安心して暮らせる街を目指す「シンシアのまち」を宣言…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文938文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです