メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共感誘うユーモア満載 宮崎市の書家・服部潤さん、書画集「日々の閑言集」出版 /宮崎

出版した「日々の閑言集」を手にする服部さん

 宮崎市の書家、服部潤さん(46)が、日記感覚で書きためた書画作品集「日々の閑言集(かんげんしゅう)」を黒潮文庫(同市田吉)から出版した。日々の雑感や家族への思いを記したユーモアあふれる短文と温かみのある絵から成る100作品を収録。服部さんは「共感してもらえたらうれしい」と話す。【斎藤毅】

 1973年、宮崎市出身。書や絵が好きで20歳で上京し、看板屋などさまざまなアルバイトをしながら「日本書道教育学会」で師範を取得した。30歳で帰郷し、現在は同市内で書道教室とはがき絵教室を開く傍ら、書家として個展も開催。宮崎刑務所では受刑者に写経を教えている。

 作品集はオールカラーでA4判104ページ。1冊3000円(税抜き)。掲載作は、2017年8月~今年…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです